/

ニコンの請求を棄却 特許侵害訴訟で東京地裁

一眼レフカメラ用交換レンズの特許を侵害されたとして、ニコンがカメラ・レンズメーカーのシグマ(川崎市)に対し、約114億円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は30日、「特許侵害は認められない」としてニコンの請求を棄却した。ニコンは控訴する方針。

ニコンは手ぶれ補正機能を搭載した交換レンズについての2件の特許を侵害されたとして提訴。審理は特許ごとに分離され、別の1件については審理が続いている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン