ニコンの請求を棄却 特許侵害訴訟で東京地裁

2013/1/30付
保存
共有
印刷
その他

一眼レフカメラ用交換レンズの特許を侵害されたとして、ニコンがカメラ・レンズメーカーのシグマ(川崎市)に対し、約114億円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は30日、「特許侵害は認められない」としてニコンの請求を棄却した。ニコンは控訴する方針。

ニコンは手ぶれ補正機能を搭載した交換レンズについての2件の特許を侵害されたとして提訴。審理は特許ごとに分離され、別の1件については審理が続いている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]