/

この記事は会員限定です

食品の放射性物質 厳格基準スタートに農家緊張

「出荷制限が心配」「行政の支援必要」

[有料会員限定]

食品に含まれる放射性セシウムの新基準値の適用が今月始まった。一般食品で従来の5分の1に厳格化され、農家など生産者側は「値を超えないか」と緊張。自主検査や除染に取り組む動きもある。安全な食品を届けてほしいと願う消費者の期待に応えようと、奮闘している。

千葉県旭市でシュンギクなどを生産する衣鳩とも子さん(64)は「基準が厳しくなると、出荷制限に引っかかる可能性も高くなる。昨年のこともあるので心配」と話...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン