/

原発の耐震技術、土木学会が提言

土木学会は30日、都内で記者会見し、原子力発電所の耐震技術などのあり方に関する提言を発表した。東京電力福島第1原発事故前は設計基準を超える災害に対する認識の甘さがあったと指摘。今後は、官庁や学会、企業が設計基準を超える災害が起こりえるという認識を共有し、適切な対策を取るべきだと提言した。

同学会原子力安全土木技術特定テーマ委員会の当麻純一委員長は同日の記者会見で、今月8日に施行された原発の新規制基準について「今回の提言と新基準とは(考え方が)大筋で一致している」と述べた。

ただ、再稼働に向けた原子力規制委員会による安全審査について「現在対処できる工学的な知見だけで判断するのではなく、将来の技術的な可能性を審査の手順に入れてほしい」と要望した。

同学会は東日本大震災後に、土木工学者などの有識者を集めて、大地震時の原発施設の安全性をどう確保すべきかを議論してきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン