/

肥満での生活習慣病防ぐ飲み薬の候補物質、東大が発見

東京大学の門脇孝教授と山内敏正講師らは、肥満が原因となる糖尿病やメタボリック(内臓脂肪)症候群などの生活習慣病を防ぐ飲み薬の候補物質を発見した。エネルギー消費を増やしたり血糖値を下げたりする作用がある。

マウスで実験したところ、肥満になっても寿命を延ばせたという。まず糖尿病治療薬の実用化を目指し、企業と協力して5年以内に臨床試験(治験)を始める計画だ。成果は英科学誌ネイチャー(電子版)で31日発表する。

体の中では、脂肪を蓄えている脂肪細胞から出る善玉ホルモンが全身をめぐり、血糖値を下げたり脂肪を減らしたりしている。今回見つけた化合物の「アディポロン」は、善玉ホルモンと同様の働きをするという。

肥満になると、ホルモンの量が減る。エネルギーの生産効率が下がって持久力が落ちるほか、肝臓などに脂肪がたまり、インスリンが効きにくくなって糖尿病になる。この負の連鎖を化合物が断ち、肥満による病気の予防や治療に役立つと研究グループは期待している。

実験では60匹ずつのグループで化合物の効果を調べた。糖尿病のマウスに脂肪分の多いエサを食べさせると、太るなどして4カ月で3割しか生き残らなかった。化合物を一緒に1日1回与えると7割が生き続けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン