2019年6月20日(木)

禁煙補助薬で意識障害、自動車事故3件 厚労省発表
「薬との因果関係否定できない」

2011/8/30付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は30日、禁煙補助剤「チャンピックス」(成分名・バレニクリン酒石酸塩)の服用後に意識障害に陥り自動車事故を起こしたケースが3件あったと発表した。同省は「薬との因果関係を否定できない」として、製造販売元の米製薬大手ファイザーに医師向けの添付文書の改訂を7月5日付で指示、同社はすでに応じた。

禁煙補助剤では国内初の飲み薬タイプで、年約41万人が服用。同社は添付文書で「(服用後は)自動車の運転など危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意すること」と医師に求めている。

同省によると、販売が開始された2008年5月から今年4月までに40~70代の男女計6人が服用後に意識障害を起こした。うち3人は自動車を運転中で道路脇の側溝に突っ込むなどしたという。自損事故などだったが死亡例はなかった。

昨年10月のたばこ増税を前に禁煙しようと服用する患者が急増。同剤の輸入が追いつかなくなり、一時的に医療機関に対して新規処方の延期を要請した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報