2019年6月18日(火)

浜岡原発の防波壁工事で数十社所得隠し 名古屋国税局指摘

2014/4/30付
保存
共有
印刷
その他

中部電力の浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)で建設中の防波壁の工事などに絡み、地元の建設会社や宿泊施設の業者など数十社が、名古屋国税局から計数億円の所得隠しを指摘されていたことが30日、分かった。

指摘を受けたのは、地元企業数十社でつくる「佐倉協力会」など。協力会は大手建設会社から請け負った工事を地元業者に発注するとりまとめ役も担っていた。協力会は約2千万円の所得隠しを指摘され、追徴税額は重加算税を含め約1200万円とみられる。

協力会は売り上げを次の決算期に繰り延べるなどしていたという。

信用調査会社などによると、協力会は1998年設立。建設会社や宿泊施設が会員となっており、主に浜岡原発関連の工事などを請け負っている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報