/

那須翔氏が死去 元東京電力社長

東京電力社長や経団連副会長を務めた那須翔(なす・しょう)氏が6月25日午前2時49分、老衰のため東京都内の病院で死去した。89歳だった。連絡先は同社秘書部。告別式は近親者のみで行った。喪主は妻、礼子さん。

1948年、東電の前身の関東配電に入社。主に総務畑を歩み、84年社長に就任、通信事業参入を果たすなど事業の多角化や経営効率化を進めた。93年から会長を務め、99年に相談役に退いた。2002年に開催されたサッカーの日韓ワールドカップでは日本側の組織委員会会長を務めた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン