2019年6月18日(火)

オランダ新国王が即位 皇太子ご夫妻、即位式に出席へ

2013/4/30付
保存
共有
印刷
その他

【アムステルダム=小沢一郎】オランダ・アムステルダムの王宮で30日午前(日本時間同日夕)、ベアトリックス女王の退位式が行われ、長男のウィレム・アレクサンダー皇太子が新国王に即位した。オランダでの男性国王誕生は123年ぶり。同日午後の新国王即位式には、招待を受けた皇太子さまと雅子さまもご夫妻で出席される。

オランダのウィレム・アレクサンダー新国王の即位式に出席された皇太子ご夫妻(30日、アムステルダム)=代表撮影・共同

「女王の日」であるこの日、退位式会場の王宮周辺などアムステルダム中心街は王室シンボルカラーのオレンジ色であふれ、祝福ムードに包まれた。退位式を終えた元女王が新国王やマキシマ王妃とともに王宮バルコニーに登場すると、王宮前広場に集まった国民から大歓声がわき起こった。

皇太子ご夫妻は即位式と、王宮で開かれる王室主催レセプションに出席される。式典には欧州をはじめアジア、中東など世界18カ国の皇室・王室が招待された。皇太子さまは29日夜、元女王主催の晩さん会にも招かれた。

病気療養中の雅子さまの外国公式訪問は11年ぶり。皇太子ご一家とオランダ王室との親交は深く、2006年には元女王の招きを受け、静養のため訪問されている。新国王も1988年以降12回来日しており、98年には皇太子さまとともに日蘭400周年行事の名誉総裁に就任した。

天皇陛下は30日、オランダのウィレム・アレクサンダー新国王あてに祝電を送られた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報