/

SARS、起源はコウモリ 中国チーム確認

2002~03年に中国などで大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)のウイルスの起源がコウモリだったことを中国科学院などのチームが突き止め、30日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

中国雲南省のキクガシラコウモリから、遺伝子の塩基配列がSARSウイルスとほとんど同じコロナウイルスを分離。コウモリから直接人へと感染する能力があることも確認した。

SARS自体の流行は止まっているが、同じコロナウイルスで新種の中東呼吸器症候群(MERS)が拡大している。チームは「ウイルスがどこから来たのか突き止めたことは、今後の対策を考える上で重要だ」と指摘している。

キクガシラコウモリは洞窟にすみ、中国などアジアに分布する。チームはコウモリのふん便から、SARSと塩基配列がほとんど同じ2種類のコロナウイルスの遺伝子を検出。うち1種類のウイルスを分離することに成功した。

これまでもこのコウモリからはSARSによく似たコロナウイルスが検出されていたが、人の細胞への感染形態がSARSと異なり、起源とするには決め手を欠いていた。今回分離したウイルスは感染形態も同じで、SARSの直接の祖先だと結論づけた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン