/

山崎豊子さんが死去 作家「白い巨塔」「大地の子」

「白い巨塔」「大地の子」など社会派小説で知られた作家の山崎豊子(やまさき・とよこ、本名=杉本豊子=すぎもと・とよこ)さんが29日、死去した。88歳だった。告別式の日取りなどは未定。

毎日新聞大阪本社に入社。在職中に小説を書き始め、1957年に生家の昆布商を題材にした「暖簾(のれん)」で作家デビュー。亡くなった道楽者の夫に代わって寄席ののれんを守った女性興行主の奮闘を描いた「花のれん」で直木賞を受賞した。

大学病院の権威主義や医療過誤など医学界が抱える問題を浮き彫りにした「白い巨塔」は、週刊誌連載時から大きな反響を呼んだ。「下克上」の野望に燃える銀行頭取と彼を取り巻く人々を描いた経済小説「華麗なる一族」も注目を集めた。

シベリア抑留をテーマにした「不毛地帯」や中国残留孤児の運命を描いた「大地の子」、日航機墜落事故に想を得た「沈まぬ太陽」、外務省機密漏洩事件に材をとった「運命の人」など話題作を相次ぎ発表。多くが映画化・テレビドラマ化された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン