コロッケ少量で健康被害も マルハ側は過小評価
厚労省が注意喚起

2013/12/31付
共有
保存
印刷
その他

冷凍食品から農薬が検出された問題で、記者会見し謝罪するマルハニチロホールディングスの久代敏男社長(31日未明、東京都江東区)=共同
画像の拡大

冷凍食品から農薬が検出された問題で、記者会見し謝罪するマルハニチロホールディングスの久代敏男社長(31日未明、東京都江東区)=共同

 マルハニチロホールディングス(HD)のグループ会社アクリフーズが群馬工場(群馬県大泉町)で製造した冷凍食品から農薬「マラチオン」が検出された問題で、両社は31日未明、毒性を誤って過小評価していたと発表した。厚生労働省から不適切と指導を受け、中毒症状が出る摂取量を訂正。検出濃度が最も高かったコロッケの場合、子供が1個の8分の1を食べると吐き気や腹痛を起こす恐れがあるとした。

 マルハ側は農薬の検出を発表した12月29日の記者会見で、農薬の濃度が1万5千PPMと最も高かった「とろ~りコーンクリームコロッケ」について「体重20キログラムの子供が60個食べないと(中毒症状は)発症しない」と説明。「実験で投与した動物の半数が死ぬ量」を基準とし、体重1キロ当たり1グラムで計算していた。

 しかし、厚労省は30日夜、マルハ側を呼び、この基準を使うのは不適切だと指導。健康に悪影響を及ぼさないと推定される限度量(急性参照用量)を基準とするよう求めた。体重1キロ当たり2ミリグラムで計算される。

 新たな基準では、体重60キログラムの大人がこのコロッケを3分の1個食べると限度量を超え、吐き気や腹痛などを起こす恐れがある。また、ピザでは最高濃度の2200PPMの場合、大人が半分を食べると同様の症状が出る可能性がある。

 同省の指導を受けてマルハ側は評価をやり直し、31日未明に記者会見。最も濃度が高いコロッケは子供が8分の1個を食べると症状が出る可能性があると訂正した。マルハニチロHDの久代敏男社長は「毒性に対する判断基準が甘かった。消費者の皆様に大きな誤解を与えたことを深くおわびする」と陳謝した。

 同社の佐藤信行品質保証部長は「急性参照用量の知識がなかった。事前に厚労省や県にも相談していない。完全に失念していた」と説明した。

 厚労省は各自治体に対し、マルハ側が自主回収している一般消費者向け49商品と、業務用45商品のリストを提供。自主回収が迅速に進むよう小売店などに指導するよう30日付で通知した。リストは同省のホームページにも掲載し、対象商品は食べずに返品するよう呼びかけている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 21日 7:01
21日 7:01
東北 21日 7:01
21日 7:01
関東 21日 7:01
21日 7:01
東京 21日 7:00
21日 7:00
信越 21日 7:00
21日 7:00
東海 21日 23:18
21日 22:52
北陸 21日 6:02
21日 6:01
関西 2:00
21日 6:05
中国 21日 7:01
21日 7:00
四国 21日 7:01
21日 7:00
九州
沖縄
21日 22:48
21日 22:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報