抗生物質効かない緑膿菌、薬が効果失う仕組み解明 阪大など

2013/7/1付
保存
共有
印刷
その他

大阪大学の山口明人特任教授らは第一三共と共同で、多くの抗生物質が効かない多剤耐性緑膿菌(りょくのうきん)が、阻害剤という医薬品の効果を失わせる仕組みを解明した。多剤耐性菌に効く新薬の開発に役立つ。研究成果は1日、英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載される。

多剤耐性緑膿菌は抗生物質などを体外に排出するたんぱく質を持つ。たんぱく質と結合して働きを抑えるはずの阻害剤が、うまく結合できないことが原因と考えられていた。研究チームは大型放射光施設「SPring-8」(兵庫県佐用町)で詳しい仕組みを調べたところ、たんぱく質の形が一部変形して阻害剤が結合しないようになっていた。

あらゆる形に変形したたんぱく質と結合できる阻害剤が作れれば、全ての多剤耐性緑膿菌に効く薬ができる。阪大は東京大学とも協力して新しい阻害剤の候補物質を探す一方、新薬のもととなる化合物を合成する研究も始めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]