小4男児けが、いじめと被害届 富山県警が受理

2012/8/30付
保存
共有
印刷
その他

富山県高岡市の市立小学校で7月、4年生の男児が複数の児童から一方的に暴力を受けたとして、男児の保護者が高岡署に被害の届け出をし、受理されていたことが30日、分かった。学校側は「いじめに当たる」と認めて市教育委員会に報告し、男児側に謝罪した。

同署は学校や児童ら関係者に話を聞き、事実関係を確認している。

市教委などによると、男児は7月17日、休み時間に校庭で同級生と遊んでいてけんかになり、その際に近くにいた上級生6、7人から首を絞めるなどの暴行を受けた。男児は腹部に打撲を負った。けがは軽いが翌18日から登校していないという。

被害届の受理は今月24日付。暴行の内容に関し保護者と学校側の言い分に食い違いがあるとみられ、市教委は「被害者側の理解を得られるよう学校とともに今後も対応する。学校側にも指導を徹底したい」としている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]