農薬混入は意図的か マルハ系冷食、群馬県警が捜査

2013/12/31付
保存
共有
印刷
その他

マルハニチロホールディングスのグループ会社アクリフーズの群馬工場(群馬県大泉町)で製造した冷凍食品から農薬「マラチオン」が検出された問題で、群馬県警は30日、何者かが意図的に混入した可能性があるとみて、業務妨害などの疑いで捜査を始めた。

マラチオンは工場で使われておらず、検出濃度も高いことから原料に残留していたとは考えにくいと判断した。

検出濃度の最高はコロッケの1万5千PPMで、残留農薬基準(…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]