/

豪の資産家、2代目タイタニック建造へ 沈まない設計目指す

【シドニー=共同】オーストラリアの資産家の男性が30日、100年前に大西洋で沈没した英豪華客船タイタニック号と同じ大きさの複製を建造すると発表した。現代の技術で"沈まない設計"を目指し、2016年を目標に、初代と同様、英国から米国に向けて初航海させる予定という。AP通信などが伝えた。

男性は鉱業などに携わる実業家クライブ・パーマー氏で、既に中国国営の造船業者と覚書を交わし「あらゆる点で初代と同じぐらい豪華で、なおかつ最新の安全システムを備える」と強調。初代タイタニック号に関わった人々への敬意を示すとしている。

建造費用は不明。ディーゼル燃料を使用するが、石炭を燃料とした初代をまねるため、4つの大きな煙突も装飾として設置する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン