札幌の中華店もエビで虚偽表示

2013/10/30付
保存
共有
印刷
その他

食材と異なるメニューの表示が各地で相次いで発覚している問題で、札幌市中央区の中華料理店「札幌四川飯店」でも、単価が安いバナメイエビを高価なシバエビと称して3品を出していたことが30日、分かった。

店が入るJRタワーを運営するJR北海道の関連会社、札幌駅総合開発が発表した。

同社によると、札幌四川飯店では「芝エビチリソース」「芝エビ自然塩炒め」「芝エビ唐辛子炒め」とメニュー表示していたが、実際にはバナメイエビを使っていた。同社の調査に対し、料理長は「小さいエビはシバエビとの認識があった」と話したという。

誤った表示は29日に判明し、既にメニュー表記から「芝」を削除する措置を取った。1300円~1950円の価格設定は変えていないという。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]