2019年1月19日(土)

土星横切るタイタン 無人探査機カッシーニが撮影

2012/8/30付
保存
共有
印刷
その他

土星と、その前を最大の衛星タイタンが横切る様子。無人探査機カッシーニがとらえた=NASA提供・共同

土星と、その前を最大の衛星タイタンが横切る様子。無人探査機カッシーニがとらえた=NASA提供・共同

【ワシントン=共同】土星の前を最大の衛星タイタンが横切るシーンを、無人探査機カッシーニがとらえ、米航空宇宙局(NASA)が29日、画像を公開した。

太陽を約29年かけて周回する土星では、地球より長い時間をかけて季節が変化する。カッシーニが土星に到着した8年前に比べると、冬を示す薄い青みを帯びた部分が北半球で薄れ、南半球で濃くなっているという。

タイタンの直径は地球の約4割。カッシーニは季節によって土星や衛星の様子がどのように変化するかを調べている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報