2018年8月18日(土)

派遣社員の半数「正社員望む」 実際の打診は18%どまり

2014/4/30付
保存
共有
印刷
その他

 派遣社員として働く人の48.3%が将来の働き方として正社員を望んでいることが業界団体の日本人材派遣協会のアンケートで分かった。一方で、派遣先企業から正社員採用を打診された経験がある人は18.1%にとどまり、本人が希望しても正社員化が進まない実態が浮き彫りになった。

 アンケートは昨年10月~今年1月、インターネット上で実施し、派遣社員5102人の回答を集計した。将来も派遣社員として働きたいと答えた人の割合は14.7%で、正社員希望の3分の1以下だった。

 派遣社員の25.9%が派遣先の同一の職場で3年以上働いていると回答した。政府が今国会に提出している労働者派遣法改正案は一人の派遣社員が同じ職場で働ける上限を3年と規定しており、期間終了後に希望に沿う次の派遣先が見つからないのではないかと不安を抱く派遣社員もいた。

 人材派遣会社に求めたいことを複数回答で聞いたところ「(賃上げなど)労働条件の向上に向けた派遣先との交渉」が51.3%で最多。「派遣先からの評価のフィードバック」(40.8%)、「スキル向上のための教育訓練機会の提供」(35.5%)などが続いた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報