2019年4月23日(火)

国内最高齢53歳のゴリラ死ぬ 名古屋・東山動植物園

2010/12/30付
保存
共有
印刷
その他

東山動植物園(名古屋市)は30日、飼育していたニシローランドゴリラのオキ(メス、53歳)が同日午前に死んだと発表した。死因は老衰。同園によると、飼育中のゴリラとしては日本で最高齢、世界でも2番目に高齢だったという。

オキは29日に運動場に出たものの、寒さで体調を崩したという。野生ゴリラの平均寿命は30年で、飼育下でも40年程度。オキは人間に例えると100歳以上に相当するという。

オキはカメルーンで捕獲され、1959年に来園。63年から5年間「ゴリラショー」に出演し、楽器を演奏したり人間のまねをするなどの芸を披露した。ゴリラの調教に成功したのは世界で初めてで、当時大きな話題となった。

ゴリラはニシローランドゴリラの他、ヒガシローランドゴリラとマウンテンゴリラがおり、全て絶滅危惧種に指定されている。日本の動物園では20頭以上が飼育されているが、全てニシローランドゴリラだという。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報