虚偽の見取り図作成容疑 巡査部長ら書類送検、大阪

2013/5/30付
保存
共有
印刷
その他

交通違反の取り締まりで、現場の状況を示す見取り図に虚偽の記載をしたとして、大阪府警は30日までに、生野署交通課に所属していた男性巡査部長(41)ら3人を虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで書類送検した。

巡査部長の送検容疑は、昨年8月~今年1月、大阪市生野区の交差点で信号無視11件を摘発した際、パトカーに乗っていたのにもかかわらず、歩道上で違反を確認したとする虚偽の内容を見取り図に書き込み、違反切符に添付した疑い。

府警は30日までに、巡査部長を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とし、同課所属の男性巡査(24)を所属長訓戒、別の男性巡査(22)を本部長注意とした。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]