/

朝日新聞社が2億5千万円申告漏れ 東京国税局指摘

朝日新聞社が東京国税局の税務調査を受け、2010年度までの5年間で約2億5100万円の申告漏れを指摘されたことが30日、分かった。同社は29日に修正申告し、法人税約7500万円を納付した。一部は仮装・隠蔽を伴う所得隠しと判断され、今後さらに重加算税400万円を含む加算税約1100万円が課される見込み。

同社によると、西部本社が06~07年度に新聞販売店に支出した販売奨励金のうち4300万円について支払いの根拠が確認できないとされ、経費に算入できない「寄付金」と認定されるなどしたという。

朝日新聞社広報部の話 指摘を真摯に受け止め、今後一層、適正な経理、税務処理に努める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン