大学、少子化が迫る「淘汰」 定員確保へ学長奔走

(1/2ページ)
2013/6/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「申し出をすべて受けたら、3年生全員を推薦しても足りなくなりますよ」。中堅の東京都立高校で長く進路指導を担当する教諭が苦笑する。

■高校と立場逆転

新入生の受け入れが一段落した5月、今年も大学のセールス攻勢が始まった。豪華な大学案内を手に「指定校推薦枠を設けたので、いい生徒を送ってほしい」と頭を下げる学長や教授。教諭は「高校と大学の立場は完全に逆転した。忙しい時は資料だけ置いて帰ってもらう」と言い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]