高校で暴行・傷害の疑い、男子生徒を逮捕 福島・南相馬

2013/1/30付
保存
共有
印刷
その他

福島県南相馬市の県立高校で1年の生徒が殴られた事件で、福島県警は29日、同校の1年男子生徒(16)を傷害と暴行の疑いで逮捕した。南相馬署によると、殴ったことを認めており、動機を調べている。

逮捕容疑は29日午前8時15分ごろ、高校の教室内で、固いものが入った袋で生徒5人の肩や腰などを殴り、4人に3日~2週間程度のけがを負わせた疑い。

同署の調べで、殴られた生徒は5人で、うちけがをしたのは女子2人、男子2人の計4人と判明した。

県立高校は取材に対し「学校としていじめやトラブルは関知していない」と説明している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]