/

官邸囲む「再稼働反対」 騒然、市民ら数万人規模

関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に反対する市民らが29日夕、首相官邸周辺で抗議行動を繰り広げた。官邸前から霞が関の官庁街まで1キロ近くにわたって路上に人々があふれ、主催者側は20万人と発表。警視庁は2万人弱としている。

警視庁はこの日、機動隊員ら数百人を警備に充てて警戒した。大きなトラブルはなかった。

抗議行動は、脱原発グループを中心に、ツイッターやフェイスブックなどを通じた呼び掛けで市民らが集結。毎週金曜日夕にあり、再稼働が政治課題に上り始めた6月は回を重ねるごとに参加者が増えている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン