2019年1月22日(火)

住友商事が初の1位 就職人気、文系男子で

2014/1/29付
保存
共有
印刷
その他

就職情報会社のダイヤモンド・ビッグアンドリードが29日発表した2015年卒業予定の大学生の就職人気企業ランキングで、住友商事が1978年の調査開始以来、文系男子で初の1位となった。文系女子は東京海上日動火災保険が3年連続の1位で、理系男子は日立製作所が6年ぶりに首位に返り咲いた。

商社や航空会社などグローバルに事業を展開する企業や、業績が好調な輸出型企業が人気を集めた。ダイヤモンド社は「少子高齢化による国内市場の縮小で、海外に目を向けざるを得ないことが背景にある」と説明している。

文系男子は三菱商事(2位)、伊藤忠商事(3位)など大手総合商社5社がトップ10入り。首位の住友商事は、社長自らセミナーでPRするなど採用活動をめぐるイメージ戦略が学生に好意的に受け止められたとダイヤモンド社は分析。昨年順位を下げたパナソニックやソニーなど家電メーカー、トヨタ自動車やホンダも順位を上げた。

文系女子は2位三菱東京UFJ銀行、3位三菱UFJ信託銀行などの銀行が上位入り。全日本空輸(6位)や日本航空(10位)もトップ10に入った。

理系男子首位の日立製作所は、売上高の4割を超える海外事業部門が好調。2位東芝、3位三菱商事と続いた。理系女子は1位が2年連続でロッテグループ。生活に身近な製品を開発する食品や化粧品メーカーが根強い人気を集めた。

調査は昨年11月~今年1月に就職活動中の大学3年生と大学院1年生を対象に実施。約7500人の回答をまとめた。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報