/

この記事は会員限定です

「非常食」の学会発足 高齢者・乳幼児食べやすく

[有料会員限定]

大規模地震など災害時の食に関する課題を議論する「日本災害食学会」(事務局・東京都港区)が31日に都内で設立総会を開く。硬い物が食べられない高齢者や乳幼児、アレルギーのある人への配慮など、従来の非常食に欠けている点を議論。メーカーの商品開発や行政の備蓄・供給のあり方について提言していく方針だ。

学会は新潟大地域連携フードサイエンスセンター(新潟市)の門脇基二センター長(栄養学)らが中心となって設立す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り449文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン