/

統一教会に2.7億円賠償命令 札幌地裁「布教活動は違法」

違法な布教活動を受け、伝道や献金を強いられたとして、北海道と愛知、鹿児島の元信者と親族ら63人が統一教会に約6億6500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、札幌地裁は29日、慰謝料など約2億7800万円の支払いを命じた。

判決理由で橋詰均裁判長は(1)宗教であることを伏せた勧誘(2)家族や知人との接触を断った状態での教化(3)金銭提供の不足は信仰の怠りで救済されないとする教え――などを不正な布教活動と認定。

教団信者の布教活動がこれらに当たるとして「社会的相当性の範囲を著しく逸脱し違法」と指摘。教団の責任を認め、献金などを損害とした。1人当たりの賠償額は11万~約1800万円。

教団側は、活動に問題はなく「伝道や献金は個人の自由意思」として、請求棄却を求めていた。

判決によると、元信者は1980年以降にそれぞれ入信。セミナーなどを通じて教義を信じ込まされ、伝道や教団への献金の他、合同結婚式での結婚を強いられた。

判決について元信者側の郷路征記弁護士は「違法な活動を具体的に示し、被害防止に役立つ」と評価。教団は「ずさんで事実に反する。精査して対応を決める」とのコメントを出した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン