群馬のワカサギ、規制値超える 放射性セシウム

2011/8/29付
保存
共有
印刷
その他

群馬県は29日、前橋市の赤城大沼で採取したワカサギから、暫定規制値(1キログラムあたり500ベクレル)を超える640ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。県は県内17カ所のワカサギ漁場に対して、安全確認ができるまで釣りを自粛するよう要請した。ワカサギ釣りのシーズンは9月から2月で、一般への流通は確認していないという。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]