/

司法書士事務所「アヴァンス」不起訴処分 大阪地検

司法書士事務所「アヴァンス法務事務所」(大阪市中央区)の事務員が消費者金融との過払い金返還交渉を無資格でした疑いがあるとして、大阪弁護士会が運営法人と代表ら5人を弁護士法違反(非弁活動)容疑で告発した問題で、大阪地検は30日までに、いずれも嫌疑不十分で不起訴処分とした。

地検は「司法書士が指揮したとみられる部分があり、事務員が独自判断で法律事務を取り扱ったとは認定できない」などとしている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン