/

内柴氏を懲戒解雇 所属大、女子柔道部員にセクハラ

(更新)

九州看護福祉大(熊本県玉名市)は29日、女子柔道部コーチで、アテネ、北京両五輪の男子柔道金メダリストの内柴正人客員教授(33)を、柔道部の女子部員にセクハラ行為をしたとして懲戒解雇処分にした。

大学によると、内柴氏は9月19日、合宿先のホテルで未成年の女子部員と飲酒した上でセクハラ行為に及んだ。内柴氏は事実関係を認め「合意の上だった」と話しているという。

処分理由は「教職員としての適格性を著しく欠き、大学の信用を失墜した」とした。記者会見した二塚信学長は「事態を深刻に受け止めている。学内で検証していく」と述べた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン