/

福島原発の地下水放出、国が市民向け説明会

東京電力福島第1原発で増え続ける汚染水の低減を目的に、敷地内でくみ上げた地下水を海に放出する「地下水バイパス」計画について、経済産業省資源エネルギー庁は29日、福島市と福島県いわき市で6月5日に一般市民向けの説明会を開くと発表した。説明会の様子はインターネットで中継する。

地下水バイパスをめぐっては、東電が今月13日に県漁業協同組合連合会に計画を説明したが、海洋汚染や風評被害への懸念から了解は得られず、30日と6月7日に県漁連側に再度説明する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン