/

静岡で住宅火災2人死亡 17歳長男「刺して燃やした」

(更新)

29日午前7時55分ごろ、静岡市清水区の木造3階建ての男性(51)方で「2階から炎が出ている」と、近所の住民から119番があった。焼け跡の3階部分から2人の遺体が見つかり、高校2年の長男(17)が病院へ搬送された。

男性の母(78)と妻(50)が行方不明となっており、清水署は遺体はこの2人とみて、身元の確認を急いでいる。長男はのどなどにやけどを負ったが命に別条はない。同署によると、搬送時に「自分が刺して燃やした」などと話したという。

清水署は長男が2人の死亡に関与したとの見方を強め、殺人容疑での立件も視野に回復を待って長男から詳しく事情を聴く方針。男性宅から凶器とみられる刃物も見つかった。

清水署によると、遺体は損傷が激しく、性別などは不明。同署は30日にも2人の遺体を司法解剖して刺し傷の有無などを調べる。男性宅は2、3階部分が焼け、約1時間半後に鎮火した。

男性方は5人家族で、出火当時、男性は出勤中で、中学生の長女は中学校へ行っており、不在だった。29日午前7時ごろに自宅を出た男性は「息子を朝見た時は普段と変わらない様子だった。前日に家族内でトラブルもなかった」と話しているという。

長男が通う高校によると、高校は29日が始業式だったが長男は登校しなかった。教員が火災を知り、長男が運ばれた病院へ行ったが、長男は話すことができなかったという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン