/

この記事は会員限定です

高速バス事故、再び 競争激化で安全対策は後手

[有料会員限定]

今回事故を起こしたバスは法律上、団体ツアーなどで利用する「貸し切りバス」にあたる。貸し切りバスは規制緩和で参入する事業者が急増し、価格競争などが激化しているとされる。過去には運転手の過労が原因とみられる事故も起きており、国土交通省などは事業者の安全性を認定する制度を導入するなど、対策を進めている。

2000年の道路運送法改正で、貸し切りバス事業は免許制から許可制に規制緩和された。事業者は同年度末...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り702文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン