/

原発作業員に給食提供 東電がセンター起工式

東京電力福島第1原発で働く作業者向けの食事をつくる「福島給食センター」の起工式が29日、福島県大熊町であった。居住制限区域だが日中の立ち入りは可能な大川原地区に建設し、来年4月から給食を提供する。

起工式には大熊町の渡辺利綱町長や石崎芳行・東電福島復興本社代表らが出席。石崎代表は「廃炉作業を安全に進めるために職場環境の改善は大きな課題。給食センターはこの課題をクリアできる」と述べた。

東電によると、原発敷地内で作業する東電社員や協力企業の人員は1日を通して平均4千~5千人。給食センターは2階建て3500平方メートルで、最大3千人分の朝昼夕飯を提供できるという。

東電は第1原発の放射線管理区域外に9階建ての大型休憩所を建設。約9キロ離れた給食センターから食事を運び込み、作業員に提供する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン