/

関越道バス事故7人死亡 運転手の逮捕状請求

群馬県警

(更新)
関越自動車道で側壁に衝突し、多数の人が死傷した高速バス(29日、群馬県藤岡市)=共同

29日午前4時40分ごろ、群馬県藤岡市岡之郷の関越自動車道上り線の藤岡ジャンクション(JCT)付近で、バス会社「陸援隊」(千葉県印西市)の夜間高速バスが防音壁に衝突し、大破した。乗客45人のうち7人が死亡し、3人が重体。ほかの35人と河野化山運転手(43)=千葉市中央区=も重軽傷を負った。

群馬県警によると、現場にブレーキの跡はなく、河野運転手は「居眠りをしていた」と説明した。県警は捜査本部を設置。自動車運転過失致死傷容疑で同運転手の逮捕状を請求した。回復を待って逮捕する方針。

バスは28日午後10時ごろJR金沢駅前を出発、富山県高岡市を経由して、東京に向かった。新宿、東京両駅で計38人、千葉県浦安市の東京ディズニーランドで7人が降りる予定だった。

バス運転手の運転時間は労働基準法に基づき、2日間で1日平均9時間とされ、国土交通省の指針は運転手1人の場合の走行距離の上限を670キロとしている。国交省などは違反がなかったかどうか、河野運転手の勤務状況を調べる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン