/

がん防ぐ物質発見 マウスで効果、神戸大

多くのがんの発症に関与するたんぱく質「Ras(ラス)」の働きを阻害する化合物を、神戸大大学院の片岡徹教授らのグループが発見し、29日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。化合物をマウスに投与し、がん増殖を抑えており、新たな抗がん剤開発につながると期待される。

Rasを作り出す遺伝子が突然変異している場合、Rasは他のたんぱく質とくっつき、細胞をがん化させる信号を伝達するようになる。

グループは、大型放射光施設SPring-8(兵庫県)でRasを解析し、2005年、表面に化合物が結合できるポケット構造を発見した。

ポケットに結合する化合物があれば、他のたんぱく質とくっつくのを邪魔して信号伝達を阻み、がん化を防げる。コンピューターのシミュレーションや作用実験を進め、約4万の候補物質から3つを選び出し「Kobeファミリー化合物」と名付けた。

ヒトの大腸がんを移植したマウスに化合物を投与すると、投与していない場合と比べ、がんの増殖が約5割抑えられた。

片岡教授は「化合物を改良し、3年後には臨床試験をしたい」と話す。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン