/

「金貨金融」業者を初摘発 警視庁、出資法違反容疑で

代金後払いで金貨を販売し、客に換金させる方法で事実上、高金利で金を貸す「金貨金融」を営んだとして、警視庁生活経済課は29日、東京都足立区伊興1、貸金業経営、和田英久容疑者(34)と埼玉県入間市小谷田、貸金業従業員、小塚成和容疑者(33)を出資法違反(高金利、脱法行為)の疑いで逮捕した。

同課によると、和田容疑者は黙秘、小塚容疑者は「貸金業はやっていない」と容疑を否認している。金貨金融業者の摘発は全国初。

同課によると、和田容疑者らは東京・新橋に「G&P」の名称で事務所を設置。客に15万円相当の金貨を代金後払いで20万円で販売したうえで、金貨の買い取り業者を紹介。このやり取りで和田容疑者らは約5万円の利益を得ており、同課はこの利益を事実上の利息と判断した。

逮捕容疑は昨年5月~今年5月、埼玉県春日部市の男性会社員(35)ら計8人に約325万円を貸し、法定金利の14~83倍の利息約110万円を得た疑い。

昨年6月の改正貸金業法施行で消費者金融などからの正規借り入れが難しくなった多重債務者らが利用するケースもあり、昨年3月~今年5月、約215人に計約7480万円を貸し、約1870万円の不正利息を得ていた。

金貨金融を巡っては、国民生活センターが昨年9月、相談が急増しているとして注意を呼びかけたほか、今年1月、札幌簡裁が「実質は暴利の融資で公序良俗に反する」と判断し、契約を無効とする判決を出している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン