妻殺害、冷凍庫に遺棄 釧路、容疑の水産会社社長逮捕

2012/5/29付
保存
共有
印刷
その他

北海道警釧路署は29日未明、釧路市桜ケ岡7の自宅で数年前に妻の首を絞めて殺害したとして、水産加工会社山田商店の社長、山田政市容疑者(80)を殺人の疑いで逮捕した。

同署によると、妻の瑠美子さんと連絡が取れないと親族から28日に相談があり、署員が山田容疑者に事情を聴くと「6~10年前に殺害し冷凍庫に遺棄した」と供述。同市新富士町6の山田商店の冷凍庫で、凍った状態の瑠美子さんの遺体が見つかった。

逮捕容疑は、自宅で当時60代だった瑠美子さんの首をひものようなもので絞めて殺害した疑い。

山田容疑者は調べに「口論となり首を絞めて殺害した。自宅から会社まで車で運んだ。1人でやった」と供述している。夫婦2人暮らしだった。

遺体は衣服を身に着け、ブルーシートに包まれた上、段ボール箱に入っていた。首に絞められたような痕があり、冷凍庫の奥から見つかった。

釧路署は死体遺棄容疑については公訴時効(3年)が成立しているとみている。

瑠美子さんの弟が28日午前、釧路署を訪れて「姉と数年連絡が取れない。義兄に所在を聞いても返事があいまいだ」と相談。事情を聴かれていた山田容疑者が、同日夜になって殺害を認めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]