/

ダッカ事件の丸岡修受刑者が死亡 元日本赤軍幹部

服役先で

1973年の「ドバイ事件」と77年の「ダッカ事件」のハイジャック防止法違反罪などで無期懲役が確定した元日本赤軍幹部、丸岡修受刑者が29日午前8時ごろ、服役先の東京都八王子市の医療刑務所で死亡したことが同日、関係者への取材でわかった。60歳だった。

大阪府内の高校を卒業後の72年に出国、ベイルートで日本赤軍に参加した。73年、オランダのアムステルダム空港を離陸したパリ発東京行きの日航機を乗っ取り、ドバイ空港に強制着陸させ、リビアで爆破。77年にはインドのボンベイ空港を離陸したパリ発東京行き日航機を乗っ取り、バングラデシュのダッカ空港に強制着陸させ、人質の乗員乗客と交換に拘置・服役中の日本赤軍メンバー6人を「超法規的措置」で釈放させ、身代金600万ドルを奪った。

87年、他人名義の旅券を使って帰国したところを警視庁が逮捕。2000年に無期懲役が確定。昨年6月、心臓病を理由に刑の執行停止を求め提訴したが、却下された。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン