/

「年金担保の融資はない」 全質連が注意呼び掛け

ヤミ金業者が高齢者から価値のない質草を受け取り、実際は年金を担保に違法な高金利で金を貸し付ける「偽装質屋」事件が相次いでいる問題で、全国質屋組合連合会(全質連)は質屋が年金を担保にすることはないとして、あらためて注意を呼び掛けた。

質屋営業法では、質屋は物品を担保に金銭を貸し付けることが定められている。しかし偽装質屋事件が表面化して以降、質屋に「年金を担保に融資してほしい」との問い合わせがあるという。

全質連の菊池章二会長は「偽装質屋の撲滅に向けて警察とも協力しています。質屋が年金通帳などで融資することは一切ないので注意してほしい」と話している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン