/

鹿児島の鳥インフルは強毒性 愛知もH5型

農林水産省は28日、高病原性鳥インフルエンザの感染が確認された鹿児島県出水市と愛知県豊橋市の農場の鶏から分離されたウイルスを検査した結果、「H5型」であることが分かったと発表した。鹿児島県については強毒性であることも確認された。動物衛生研究所(茨城県つくば市)の検査で判明した。

愛知県のウイルスの毒性の強弱についても同研究所で現在、詳しい検査を進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン