/

米、「IE」の使用中止を呼び掛け ネット閲覧ソフト

【ワシントン=川合智之】米国土安全保障省は28日、マイクロソフトのネット閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー(IE)」のバージョン6から最新版までに未修正の欠陥が見つかったとして、使用を中止するよう警告した。代替ソフトを使うよう呼びかけている。

第三者がパソコンを遠隔操作できる標的型攻撃を受ける恐れがある。マイクロソフトは設定を変えるなどの被害回避策を発表したが、欠陥修正ソフトは未公表という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン