台風15号が北上、韓国で9人死亡

2012/8/29付
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=共同】大型で強い台風15号は28日、朝鮮半島の西側の黄海を北上した。韓国国土海洋省などによると、同国では暴風で飛ばされたコンテナの下敷きになるなどして4人が死亡。南部・済州島沖の海上では中国の漁船2隻が座礁し、5人が死亡、10人が行方不明になった。

金浦や仁川など各地の空港では日本便を含む450便以上が欠航。強風で電線が切れるなどして、全国で170万戸以上が停電した。

南部の慶尚南道泗川市沖では、停泊していた石炭運搬船が強風で岸に流されて座礁し、船体が真っ二つに折れた。

韓国気象庁によると、台風は28日夕、北朝鮮に上陸した。北朝鮮は6月末~7月末に各地で発生した洪水の被害からの復旧中で、台風の直撃で被害が拡大する可能性がある。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]