ゲーム買取、中学生以下は保護者同伴 警視庁と業者が新ルール

2013/6/28付
保存
共有
印刷
その他

ゲームソフトなどの中古品を取り扱う業者でつくる「日本メディアコンテンツリユース協議会」は28日、ゲームやDVDを中学生以下の子供から買い取る際に保護者の同伴を求める「東京ルール」を制定した。万引きされた商品が持ち込まれるケースが相次いでいるため。

新ルールでは、複数の同一商品や未開封の新品など、盗品の可能性が疑われる場合は買い取らないことも定めた。9月までに警視庁が全国の警察にルールの概要と参加店舗を通知。協議会の加盟社が運営する全国の約2000店で、10月1日から適用される予定。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]