/

天皇陛下、新年迎え所感 「被災者に心寄せ困難克服」

天皇ご一家は1日、新年を迎えられた。天皇陛下は新年にあたっての所感を宮内庁を通じて公表。内容の大半を東日本大震災に割き「皆が被災者に心を寄せつつ、支え合って困難を克服していくよう期待しています」とつづられた。

陛下は「放射能汚染により戻れない人々や、仮設住宅で厳しい冬を過ごさざるを得ない人々など、被災者のことが改めて深く案じられます」と、震災から2度目の冬を迎えた被災地を気遣われた。その上で、震災の経験を生かした防災教育や町づくりを願われた。

陛下は昨年2月、心臓の冠動脈バイパス手術を受けられた。3月には胸に水がたまった状態のまま震災1周年追悼式に出席。その後もエリザベス女王の即位60周年式典で訪英したほか、被災地をはじめ国内各地を訪れるなど、精力的に日程をこなされた。

今年80歳の傘寿を迎える陛下は、当面は公務を削減しない意向。宮内庁はスケジュールを従来より緩やかにしたり、侍医を同行させたりして健康管理を図るとしている。

宮内庁は新年にあたり、天皇陛下が昨年詠まれた歌5首と皇后さまの歌3首を発表した。

【天皇陛下】

〈心臓手術のため入院〉

手術せし我が身を案じ記帳せるあまたの人の心うれしき

〈仙台市仮設住宅を見舞ふ〉

禍(まが)受けて仮設住居に住む人の冬の厳しさいかにとぞ思ふ

〈即位六十年に当たり英国の君に招かれて〉

若き日に外国(とつくに)の人らと交はりし戴冠式をなつかしみ思ふ

〈沖縄県訪問〉

弾を避けあだんの陰にかくれしとふ戦(いくさ)の日々思ひ島の道行く

〈明治天皇崩御百年に当たり〉

様々の新しきこと始まりし明治の世しのび陵(みささぎ)に詣づ

【皇后さま】

〈復興〉

今ひとたび立ちあがりゆく村むらよ失(う)せたるものの面影の上(へ)に

〈着袴の儀〉

幼な児は何おもふらむ目見(まみ)澄みて盤上(ばんじやう)に立ち姿を正す

〈旅先にて〉

工場の門(かど)の柱も対(つい)をなすシーサーを置きてここは沖縄(ウチナー)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン