/

山中教授の論文「問題なし」 京大iPS研が調査結果

京都大学iPS細胞研究所は28日、山中伸弥教授(所長)が2000年に発表した論文について、インターネット上で疑問点が指摘されているとして調査した結果を発表した。論文中の画像2点の不自然さなどが指摘されたものの、画像の切り貼りなどの痕跡は認められず、論文の内容は問題ないと結論づけた。

記者会見した山中教授も「論文の内容が正しいことに疑いはない。実験は複数の研究者が再現している」と不正を否定。ただ、実験ノートに該当部分の記載が見つからなかったとして「日本の研究の信頼が揺らいでいる状況で、このような報告をしなければならないことをおわびする」と謝罪した。

疑問が寄せられたのは様々な組織や細胞に変化する胚性幹細胞(ES細胞)の研究論文。山中教授が奈良先端科学技術大学院大学の助教授だった当時、欧州の学術誌に発表した。「画像2点が類似している」などの指摘があり、山中教授が調査を申し出た。調査は昨年4月、森沢真輔副所長を中心に開始。類似画像を拡大した結果、細部の凹凸が一致しないことなどを確認したとしている。

山中教授は段ボール箱5箱分の資料を提出。ただ、共同研究者の実験ノートは保存されておらず、画像の生データは見つけられなかったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン