2019年1月17日(木)

京都で最古級の平仮名発見 出土の土器片に

2012/11/28付
保存
共有
印刷
その他

平安時代の貴族藤原良相(813~867年)の邸宅跡(京都市中京区)で出土した9世紀後半の土器片約20点に「かつらきへ」(葛城へ)など和歌とみられる平仮名が書かれているのが見つかった。京都市埋蔵文化財研究所が28日、発表した。同時期の平仮名は多賀城跡(宮城県)などでもわずかに出土しており、最古級となる。

平安時代の貴族の邸宅跡で出土した、平仮名が書かれた9世紀後半の土器片(28日、京都市)=共同

平安時代の貴族の邸宅跡で出土した、平仮名が書かれた9世紀後半の土器片(28日、京都市)=共同

文化の中心地だった平安京でのまとまった出土で、合同調査した京都産業大の吉野秋二准教授は「平仮名の確立は10世紀と言われていたが、約50年さかのぼることが分かった」としている。

仮名は9世紀に、1音に1字を当てる万葉仮名、万葉仮名の草書体を用いた草仮名、そして平仮名の順に移行するとされる。

同研究所によると、昨年の調査で邸宅跡の池から皿などの土器の破片約90点が出土。うち20点に墨で「かつらきへ」(葛城へ)「きなくひとにくしとお□はれえす」(□は欠字、来泣く人憎しと思われえす)などと記されていた。

京都大の西山良平教授によると、神楽歌「朝倉」には「葛城へ渡る久米路の継橋の心も知らずいざ帰りなむ」とあり、その一部とすれば、邸宅で神楽が行われ、その際に記された可能性がある。

また同時に見つかった木簡には「む」を表す草仮名に近い平仮名があった。

一方、9世紀前半の井戸跡で、檜扇(ひおうぎ)と木簡を発見。それぞれ万葉仮名で手習い歌の「難波津」を示す「奈尓波」などと記されていた。同じ遺跡で万葉仮名から平仮名までが見つかったことで仮名の変遷が分かるという。

良相は嵯峨天皇の信任が厚かった藤原冬嗣の子。兄良房は皇族以外で初めて摂政となった。

出土品は京都市考古資料館で30日~12月16日に展示される。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報