/

仏産牛肉、5施設の輸入停止解除 厚労省

厚生労働省は28日、フランスから輸入した牛肉にBSE(牛海綿状脳症)の原因物質がたまりやすい特定危険部位のへんとうが混入していた問題で、食肉処理をしたフランスの5施設の輸入停止措置を解除した。フランス政府から調査報告書が提出され、改善措置が取られたと判断した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン