/

同日にアニメイベント開催 都条例改正に抗議の8社

漫画やアニメの性描写を規制する東京都青少年健全育成条例の改正に抗議して、来年3月の「東京国際アニメフェア」への参加を取りやめた角川書店などアニメ制作8社が28日、同フェアと同じ日に独自のイベントを開催すると発表した。

8社には「NARUTO」「新世紀エヴァンゲリオン」「ポケットモンスター」などの人気作品を手掛ける制作会社が含まれ、波紋を広げそうだ。

イベント名は「アニメ コンテンツ エキスポ」(千葉市・幕張メッセ)で、開催日は石原慎太郎都知事が実行委員長を務めるアニメフェアと同じ、3月26日と27日。

同エキスポ準備委員会は「アニメフェアの意義は高く評価している。ファンの気持ちを考え、また、新作を発表する場として開催を決めた」としている。

条例改正をめぐっては、講談社、小学館、集英社などでつくる「コミック10社会」も、アニメフェアへの不参加を表明している。同準備委員会は他の制作会社にも参加を呼び掛けていくという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン