/

台風14号、沖縄に接近 東海・関東に上陸の恐れ

(更新)

強い台風14号は28日夜、沖縄本島に接近した。29日昼ごろに奄美に接近する見込み。沖縄や奄美は風速15メートル以上の強風域に入り、気象庁は暴風や大雨に警戒を呼び掛けた。

台風は29日午前0時現在、南大東島の西北西約70キロにあり時速20キロで北東に進んでいる。中心気圧は945ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の北西側170キロと南東側130キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となった。

気象庁によると、台風は本州の南海上を北東に進み、30日夜から31日午前にかけて、東海から関東付近に上陸する恐れもある。

前線の影響で冷たい雨が降っていた関東地方は29日に一時的に晴れ間が広がるが、接近する台風の影響で30日から再び雨が降りそうだという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン